Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C44] 真のヒロインあれこれ

 そもそも、相手のリーダーが自分のフィールドに存在してる状態は、その段階で相手の負けですよ(FAQの勝利条件参照)
 琴音が呼び出される先はあくまで自分のフィールドですしね
 仮にそうじゃなかった場合、味方キャラがリーダーも含めてゴミ箱送りにされて負け、だったりもしたわけですが

 キャラの気力は出たときに上限値として扱う、な感じだけど
 その辺りからすると、個人的には気力5に1票

 それと、フィールドは『バトルカード、フィールドカード、キャラを出す領域』なんで
 デッキの横がフィールドとは限らないわけですが
 むしろデッキの横は、カードテキストによる例外の場所、と考えた方がしっくり来るかと
  • 2007-06-06
  • 投稿者 : トゥクス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T6] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-11-21
  • 発信元 :

[T7] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-11-21
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://lordneet.blog94.fc2.com/tb.php/66-fefa1aec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

BP2+SD3考察

SD3というかスターティングデッキ3というかまーりゃんキック(仮)カタカナ変換しちゃダメって直前で気づいたんだねというか。
とにかくそんな感じの考察をパパっと。例によって斜め読みで。

今回もテキストはりふとさんのとこあたりでどうぞ。


 
まーりゃん先輩SP
・SPってことにしとくよ。
・「ゲーム声優」FC3との連携の取れていなさがステキ。
・ガッツささらの前衛でマルチ拾えるならきっと強いんじゃ?
・他だときっくより良い場面があまり思いつかないな。
・「主題歌」FC3との連k(ry


ウル鳥ィ
・伯斗からあいかわらず効果の定義が曖昧だよなあ。
・「ポホホ…」とりあえず有効な使い道はあまり思いつかなかったよ…?


楓猫
・俺おめでとう
・やべえこれは無限枚回収か?
・「猫化」効果はひたすら迷惑で無意味。
・さりげなくキャラタイプ複数をデフォで持つキャラは初。
・リーダーにして、鬼・獣のみで構築してチームプレイだ!
・根コストがソポク、テオロ、ウーヤーター、イヴ、オリカカン、耕一しか出せないのが問題だ。
・楓ちゃんv7? いや、出ねえし。
・身代わりでもあればゲンジマルの前衛に確定だったんだろうけど。
・まあ、しょせん紫文字カードだよ。


ササラ
・シークレットらしい。2パック買ったらダブった。なめとんのか。
・「ムーの戦士」アトランティスの狂戦士タマーキがいないとただの人。
・わざわざ相手フィールドに送るには、タマーキは重くて強すぎるんだよね。
・でもまあ、ただの人なりにステはゲンジマルに迫るレベル。
・人間であることはまあ欠点。女性であることもたぶん欠点。使えないんじゃないか?
・異彩放つ感属性。ぱっと思いつくのはバージョンアップと巡り合わせ。
・後攻バージョンアップ追加無し、謎の転校生からHMシリーズかシルイルミルを狙う?
・ここから本題。ムーの戦士に使用回数制限がない。家出タマ姉から無限コストで楽しいことに?
・言ってることはあっちゃならないことなんだけど決まりそうに無いのはなんでだろう。
・ソフィアの闇の加護と同じで、常動くさい変なテキスト。使用回数制限あっても使うたびに重複しねえ?
・「攻防修正を与える特殊能力」ではなく、「攻防修正を得る効果を与える特殊能力」なのがいけないんだよ。
・そういう効果は特記ない限り常に、永続なわけで。ったく。
・さりげなく、まーりゃんv7を積めるのね。キックしたいなら?


四堂和巳
・元ネタ覚えてる奴いるのか。自分も、もずく食ってる彩しか覚えてないよ。
・「狙われ体質」ターン終了時なので相手ターンも。ぶっちゃけやってられん。
・出てきたターンの行って来いで全員2点?
・相手ターン相手が殴ってこなかったら?
・ああでも唯一使い道はあるか。保護者コンボなら、そこそこ強いか。
・さて、どう効率化したらうまく狙えるだろうか?
・相手ターンのフラッペは無力…(先にサバイバル機能の効果を失う処理をされるため)
・てかガッツなしの根殴り?どういうデッキになるんだ。やっぱダメそうだ。


真・琴音
・真の疲労員、登場です。感+1されただけ。
・「超能力」1キャラ、という表記が直ってない。まあ、コピペだよなBPなんて。
・「真のヒロイン」とりあえず魔法サ貼ったらダウンせずにすむ。
・リーダーが夕菜FC3だったら約束すれば前衛として残れるんだろうか。
・前衛が夕菜FC3ならまあ残れる。
・さて、前衛(一瞬とはいえ)の琴音がリーダーになるわけだけど。
・この場合前衛からリーダーになって気力の上限が変動する処理は?
・ダメージ主義(気力10でリーダーに)? 残り気力主義(気力5でリーダーに)?
・ハクオロFCの博識でうっかりめくってデッキの横に置いてもきっと発動。カードはデッキ・手札・フィールド・ゴミ箱のいずれかにしか存在しないから。(詳細ルールより)
・その場合ハクオロ使ってた人のリーダーがいきなり琴音になるのか。そしてダウン。ひどい罠だ。
・前衛に七色の声で真・琴音を乗せたら、そのままリーダーになる。バトル終了時琴音が剥がれて、以降下に居たキャラがリーダーというわけか。
・ていうかそもそも、「自分の」リーダーって書いてないんですけど。
・オレのターン! 真・琴音を召喚し、お前のリーダーを生け贄に捧げる!
・これで俺のターンは終了。真・琴音の効果でお前のリーダーはダウンだ!
・ヒャハハハハ、俺の勝ちだー!
・はいはい、紫文字紫文字。


ヌグィソムカミ
・禍日神。って、固有名詞じゃねえぞ!
・まあそれはさておき。三本の殺傷率がやべえっすね。
・三本二発と暴走二発で殆どのリーダーは生き残れない。
・しかし黒ささらって強いな最近。にしてもこれはないけど。
・三本応援三本かー。どっかのガディムっ面した男が好きそうな動きだ。
・「ヲイデゲェェェ!」フィールドカードは詳細ルールによると「お互いのフィールドに合わせて一枚」とのこと。
・つまり置いてる場所が同じに見えるけど実は違って、それぞれ自分のフィールドに置いている。
・よって自分が置いたフィールドは相手のフィールドに存在していない。
・相手に貼る手ごろなアイテムがないなー。
・スピード型にでもして、リサFC3が復讐で三本をサーチするのも楽しいかもね。
・相手フィールドに呼び出せたらヲイデゲェ言って殴る。
・いや、三本に攻防修正乗らないからあんま意味ねえんですが。
・結局後攻初手に全部決めるのが一番なのか。つまんねー。
・同キャラ? ムント積んで出したもん勝ちでどうだい。


ルクレツィア姫
・「「こよいの夜とぎを申しつけます!」」ん。普通に強くねっすか。
・那須の前衛に紛れ込んでるときっとヤな感じです。手札破棄狙い調整の行きがけで回復とか。
・ダンス那須の前衛なら殴れるなとか考えるのは僕だけでいいです。
・あと人間男で殴るリーダーって総帥くらい?
・雪合戦に乗るけど…ねえ。なんつーか。
・属性も活かして芳晴ですかね?
・料理置いて、前衛は夜とぎ・ウェイトレス・電波の目覚め・怪傑M・甘い朝食。
・エクソシスト抜きで9打点3回復。瑠璃子をやすらぎに回せば7打点5回復?
・さて、そこまで芳晴が生きてられる方法を考えようか。


ちょいと用事につきキャラだけで一旦おしまいだ。
スポンサーサイト

1件のコメント

[C44] 真のヒロインあれこれ

 そもそも、相手のリーダーが自分のフィールドに存在してる状態は、その段階で相手の負けですよ(FAQの勝利条件参照)
 琴音が呼び出される先はあくまで自分のフィールドですしね
 仮にそうじゃなかった場合、味方キャラがリーダーも含めてゴミ箱送りにされて負け、だったりもしたわけですが

 キャラの気力は出たときに上限値として扱う、な感じだけど
 その辺りからすると、個人的には気力5に1票

 それと、フィールドは『バトルカード、フィールドカード、キャラを出す領域』なんで
 デッキの横がフィールドとは限らないわけですが
 むしろデッキの横は、カードテキストによる例外の場所、と考えた方がしっくり来るかと
  • 2007-06-06
  • 投稿者 : トゥクス
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

2件のトラックバック

[T6] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-11-21
  • 発信元 :

[T7] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2012-11-21
  • 発信元 :
トラックバックURL
http://lordneet.blog94.fc2.com/tb.php/66-fefa1aec
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

DN_Nobu

Author:DN_Nobu
ロードニート(確定しました)24歳。
これで教師目指してるらしいですよ?

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。